OW2:リーパーのおすすめスキン・人気スキンランキング:オーバーウォッチ

スポンサーリンク

この記事ではOverwatch2(オーバーウォッチ2)におけるリーパーのおすすめ・人気スキンをご紹介しています。

筆者の独断によってランキングを作成しています。
統計結果などではないことをあらかじめご承知おきください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

S tier

ラットキング

呂布

エバーモア

A tier

ブラックウォッチ・レイエス

バイカー

ドラキュラ

B tier

マスカレード

ソルジャー24

リーパー オリジン・ストーリー

かつてのガブリエル・レイエスは、オーバーウォッチのストライク・コマンダーや、秘密任務を遂行するブラックウォッチのリーダーを歴任し、尊敬を集める存在であった。
その後、オーバーウォッチ本部で起こった爆発に巻き込まれ、死亡したと信じられていた。
しかし、死を免れた彼はタロンの凶悪な殺し屋「リーパー」として活動しているという噂もある。

目撃情報

リーパーは極めて危険な傭兵であり、世界各地で破壊活動を行う姿が目撃されている…ニューメキシコで起こった、科学者シーブレン・デ・カイパーの極秘施設からの誘拐事件。
ロシアで起こった、ヴォルスカヤ・インダストリーのカティヤ・ヴォルスカヤ暗殺未遂事件。
ベニスで起こった、当時のタロンのリーダー、アウグスト・ヴィアリの抹殺。
さらには大衆の目に触れるニューヨークのオーバーウォッチ博物館でも、リーパーはドゥームフィストのガントレットを盗み出そうとした。
生存者たちの証言では、亡霊のような黒い影が阿鼻叫喚の戦場を平然と闊歩していたという。
リーパーの犠牲者のうち、回収された死体はごくわずかであり、それらはいずれも生命を吸い取られた抜け殻のような状態で、皮膚は青ざめ、細胞は著しく劣化していた。
一説によれば、リーパーは遺伝子操作実験の失敗から生まれた副産物で、彼の細胞は超スピードで死滅と再生を繰り返しているという。

リーパーの動向を追跡している者達は、彼の行動パターンがオーバーウォッチの元エージェントを狙ってのものだと考えている。
その仮説は、彼がウォッチポイントに潜入していたことからも裏付けられる。ジブラルタルでリーパーは、オーバーウォッチの元エージェントの名前と居場所のリストを探していたのだ。
しかし、その試みはウィンストンによって阻止され、リーパーらは退却を余儀なくされた。

タロン

その正体が、ガブリエル・レイエスであるという真実を知る者は数少ない。
オーバーウォッチのスイス本部が壊滅した際に、死亡したと思われていたブラックウォッチの元コマンダーだ。
オーバーウォッチがドゥームフィストを捕らえたあと、レイエスは面倒な規則やしらがみがオーバーウォッチで真の正義を実現する妨げになっていることに苛立ち、タロン側につくようになった。
やがてエジプトで、レイエスは過去の亡霊2人と出会うことになる。
それがオーバーウォッチの元ストライク・コマンダーであるジャック・モリソンと、アナ・アマリ大尉だった。
3人はほとんど言葉を交わすことはなかったが、それぞれの道は再び交わることになるだろう。

なぜなら、この2人の名もリーパーのリストに含まれているのだから。

Overwatch 2・攻略・検証
スポンサーリンク
eSportsManagerBar

コメント