OW2:ソジョーンのおすすめスキン・人気スキンランキング:オーバーウォッチ

スポンサーリンク

この記事ではOverwatch2(オーバーウォッチ2)におけるソジョーンのおすすめ・人気スキンをご紹介しています。

筆者の独断によってランキングを作成しています。
統計結果などではないことをあらかじめご承知おきください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

S tier

サイバー・ディテクティブ

A tier

コマンドー

B tier

キャプテン・チェイス

部隊指揮官

Logicool G ロジクール G PRO X SUPERLIGHT ゲーミングマウス ワイヤレス 自社史上最軽量63g未満 LIGHTSPEED 無線 HERO 25Kセンサー POWERPLAY ワイヤレス充電対応 G-PPD-003WL-WH ホワイト 国内正規品
Logicool G(ロジクール G)
¥17,820(2022/10/22 13:29時点)
【ロジクールG史上最軽量のワイヤレスゲーミングマウス】 驚きの63g未満の超軽量 、GPROゲーミングマウス(80g)より更に25%軽量化され、新しいGPROは PRO X SUPERLIGHTの名を冠した。

ソジョーン オリジン・ストーリー

一兵卒として、オーバーウォッチのキャプテンとして、そして退役軍人として、ソジョーンは巨悪から人々を守るために人生を捧げてきた。
サイバネティクスによって拡張された身体と、生まれ持った戦術眼、そして並外れた戦闘技術によって、ソジョーンはオーバーウォッチでも最高の戦術家と称えられた。
組織から離れた今、ソジョーンは新たな挑戦…そして新たな危機に直面する。

カナダ軍特殊部隊

ヴィヴィアン・チェイスは元軍人の両親の元で、トロントの小さくて結束の固い地区で育った。
自身の臓器を攻撃してしまう珍しい自己免疫疾患を持って生まれた彼女は、幼少期から10代にかけて入退院を繰り返していた。
両親の影響で幼い頃から軍事戦略に興味を持ち、何度も手術を受けながら本を読んだり、戦略シミュレーションで遊んだりして過ごしていた。

やがて、ヴィヴィアンの症例は同疾患の実験的な治療法を開発しているエレイン・エサットという医師の目に留まった。
治療の一環として、ヴィヴィアンは患部の臓器や手足を最新鋭のサイボーグパーツに置き換えた。
この治療のおかげで、彼女は新たな人生を手に入れたのだ。

ヴィヴィアンは両親と同じ道を歩み、カナダ軍に入隊すると優秀な戦術家として注目を集めた。
オムニック・クライシスが勃発すると、特殊部隊の隊員として徴兵される。
敵陣の奥深くで繰り広げられる彼女の大胆な作戦は、数えきれないほどの人命を救い、部隊は彼女を「ソジョーン」と呼ぶようになった。

オーバーウォッチ

カナダの暗黒時代、ヴィヴィアンの部隊は新生オーバーウォッチと連携し、ジャック・モリソン、トールビョーン・リンドホルム、そしてミナ・リャオ博士と協力してトロントからオムニックの勢力を排除した。ソジョーンとオーバーウォッチの連携により、カナダからオムニックを撃退しただけでなくデトロイト・オムニウムの解体にもつながり、人類にとって大きな勝利となった。

ヴィヴィアンは英雄的行為と突出したリーダーシップが称えられ数々の表彰を受けたが、戦後、自分の使命はまだ終わっていないと感じていた。
カナダ軍の特殊部隊内のテロ対策部隊への異動を希望し、そこで彼女は反オムニックのヘイト組織「オンタリオ・ユナイテッド」の摘発に尽力した。

ソジョーンの戦闘技術と法の支配への忠誠心は、彼女がまさにクライシス後の世界でオーバーウォッチに必要な存在であることを証明した。
モリソンは、彼女がいれば世界を変えられると説得し、ソジョーンを迎え入れる。
共感力と明晰な頭脳を持つ戦術家として、部下たちへの並々ならぬ思いやりを持つ指揮官として、彼女はすぐに高い評価を得るようになった。
ヴィヴィアンはオーバーウォッチの地上部隊とも密に連携を取り、やがてオーバーウォッチで最も頼れるリーダーの一人となった。

オーバーウォッチの崩壊

しかし、オーバーウォッチに長くいればいるほど、ヴィヴィアンは組織の政治に不満を募らせていった。
オーバーウォッチは自分を見失っている。
そんな不安は現実となり、国連がオーバーウォッチの内部調査を開始し、一連の公聴会が開かれることとなった。
ヴィヴィアンは自身の経験を包み隠さず話し、彼女の証言はペトラス法の成立とオーバーウォッチの解体に極めて重要な役割を果たした。

公聴会の後、ヴィヴィアンは救助犬のマーフィーとともに、納得できない気持ちを抱えたまま早期退職した。
カナダを度重なる脅威から救ったサイボーグのヒーローにやっと平和な日々が訪れた。
しかし、ヴィヴィアン・チェイスは決して栄光のために戦っていたわけではない。
彼女は人々から必要とされていたから戦ったのだ。
再び必要とされれば、ソジョーンは人々の声に応えるだろう。

Overwatch 2・攻略・検証
スポンサーリンク
eSportsManagerBar

コメント