OW2:ウィドウメイカーのおすすめスキン・人気スキンランキング:オーバーウォッチ

スポンサーリンク

この記事ではOverwatch2(オーバーウォッチ2)におけるウィドウメイカーのおすすめ・人気スキンをご紹介しています。

筆者の独断によってランキングを作成しています。
統計結果などではないことをあらかじめご承知おきください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

S tier

コートダジュール

白蛇

ブラック・リリー

A tier

銃士

バイアスロン

ノヴァ

B tier

タロン

オディール

Logicool G ロジクール G PRO X SUPERLIGHT ゲーミングマウス ワイヤレス 自社史上最軽量63g未満 LIGHTSPEED 無線 HERO 25Kセンサー POWERPLAY ワイヤレス充電対応 G-PPD-003WL-WH ホワイト 国内正規品
Logicool G(ロジクール G)
¥17,820(2022/10/22 13:29時点)
【ロジクールG史上最軽量のワイヤレスゲーミングマウス】 驚きの63g未満の超軽量 、GPROゲーミングマウス(80g)より更に25%軽量化され、新しいGPROは PRO X SUPERLIGHTの名を冠した。

ウィドウメイカー オリジン・ストーリー

かつてオーバーウォッチのエージェントの妻であったアメリ・ラクワは、タロンに誘拐された。
無事に救出され帰宅した彼女は、ほどなくして夫を殺害し消息を絶った。
タロンの恐るべき人間兵器である「ウィドウメイカー」に作り変えられた彼女は、忍耐強く、冷酷で効率的な工作員であり、感情や良心をほとんど見せず、殺しの瞬間だけ喜びを感じる。

前半生

人間兵器に作り変えられる前、アメリ・ラクワが愛していたものは夫とバレエの2つだけであった。先祖代々が拠点としたフランスの田舎にある街、シャトー・ガイヤールで育ったアメリにとってダンスは、崩れゆく邸宅と、常に貴族の礼儀と伝統に従うように命じてきた保守的な家族から逃れるための唯一の手段だった。

彼女の人生は、最愛のパートナーでありテロ組織「タロン」に対抗する作戦を指揮するオーバーウォッチのエージェント、ジェラール・ラクワと結婚したことで、思いがけない転換を迎えた。
ディナーパーティーで披露できる話の種を除けば、アメリは夫の仕事にまったく関心を向けなかった。自分がどれほどの危険にさらされているるか想像さえしなかったのだ。

神経操作

ジェラールの暗殺に何度か失敗した後、タロンは彼の妻に標的を変えることにした。人々が寝静まった頃、アメリはタロンのエージェントによって誘拐された。
強烈な神経操作プログラムをほどこされた彼女は、潜入エージェントに作り変えられた。
ジェラールは妻を取り戻すためにオーバーウォッチの総力を挙げて捜索に当たらせ、彼女はあっけなく発見される。
オーバーウォッチによって救出されたアメリは、医学および心理検査を受けたが問題点は何一つ見つからなかった。
こうした検査の結果に致命的な誤りがあることが2週間後に証明される…彼女は睡眠中のジェラールを殺害したのだ。

オーバーウォッチはアメリ・ラクワを「救助」したのではない。
ウィドウメイカーの最初の犠牲者を彼女の元に届けただけだったのだ。

その後、アメリは警察やオーバーウォッチから追われる身となったが、それ以上に彼女は夫を殺害したときに生じた感情に苛まれていた。
彼を殺した瞬間、アメリはこれまで感じたことのない快感を覚えたのだった。

タロン

選択肢がほとんど残されていなかったアメリはタロンに戻り、スリルと恐怖の両方を感じたあの瞬間を追い求める。
彼女自身の強い要請で、秘密工作の訓練を受け、狙撃の実験的なプログラムに参加する。タロンの遺伝子学者、モイラ・オデオレインは、アメリの狙撃能力を向上させるため、生理機能を改造。彼女の心拍数、体温は極端に低下し肌は青ざめた。
人間的な感情を抱くことさえなくなった彼女は、もはやアメリではなかった。
それは彼女が犯した罪の痛みを和らげ、狩りの最中の気持ちをさらに高ぶらせた。

ウィドウメイカーとなった彼女は、タロンの最も有能な暗殺者として活動している。
彼女はポーランドでの任務中、当時オーバーウォッチの副司令官だったアナ・アマリ大尉を狙撃する(アマリ大尉は死亡したと推定される)。
それから間もなく、彼女はリーパーとソンブラに協力し、タロンの目的のためにシーブレン・デ・カイパー博士を確保した。
最近ではニューヨークのオーバーウォッチ博物館でドゥームフィストのガントレットを盗もうとしているところを目撃されている。
ロシアではヴォルスカヤ・インダストリーのトップの暗殺未遂事件を起こし、ヴェネツィアではアウグスト・ヴィアリ一味の殺害に関与したとされる。

しかし、ウィドウメイカーの最も悪名高い仕事は、キングス・ロウで行われた平和集会で、シャンバリ寺院の最高指導者テカルサ・モンデッタを暗殺したことだろう。
その場に居合わせたオーバーウォッチの元エージェント、トレーサーが計画を阻止しようとしたが、ヒーローと呼ばれた彼女でさえ、ウィドウメイカーの凶行を止めることはできなかった。

決して狙いを外さないウィドウメイカーの照準の中心は、この世で最も危険な場所と言えるかもしれない。

Overwatch 2・攻略・検証
スポンサーリンク
eSportsManagerBar

コメント