OW2:マーシーのおすすめスキン・人気スキンランキング:オーバーウォッチ

スポンサーリンク

この記事ではOverwatch2(オーバーウォッチ2)におけるマーシーのおすすめ・人気スキンをご紹介しています。

筆者の独断によってランキングを作成しています。
統計結果などではないことをあらかじめご承知おきください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

S tier

ドラジェの精

巫女

魔女

A tier

朱雀

ドラグーン

ジーグラー衛生兵

B tier

魔術師

ソルビム

マーシー オリジン・ストーリー

オムニック・クライシスで孤児となった天才児にして、ナノテクノロジーのパイオニアでもあるアンジェラ・ジーグラーは、オーバーウォッチを代表するコンバット・メディックとなり、世界平和の唱道者として発言力を持つようになった。
オーバーウォッチが解体され、新たな戦争が始まろうとしているのを目の当たりにした彼女は、この先平和な世界は訪れるのかと自問する。

オーバーウォッチ

トールビョーン・リンドホルムと長きにわたり家族ぐるみの付き合いがあるジーグラーは、若くして応用ナノバイオロジーにおけるパイオニアとなり、生命を脅かす病気やケガの治療法を飛躍的に進歩させた。
オーバーウォッチは、その専門性に目を付けた。

戦争で両親を亡くしていたジーグラーは、地球の平和を守るためとはいえ、軍国主義的なオーバーウォッチの方針には反対だった。
しかし、彼らが実際に提案していたのは、より多くの人命を救う機会だと理解した彼女は、オーバーウォッチにおける医療研究の責任者となり、前線で戦う人々を癒すにはどうすれば良いのかを真剣に考えるようになる。
ヴァルキリースーツ、それが彼女の出した答えだった。
アンジェラは自らこのスーツに身を包み、数々の任務に出動した。

こうしてオーバーウォッチに貢献していた彼女だったが、上官や組織の命令に反対することも多かった。
聡明な頭脳で仲間の治療に協力していたジーグラーだったが、その一方でブラックウォッチ、特にコマンダー・レイエスとその専属医療サポート、モイラ・オデオレインに強い懸念を抱いていた。
オーバーウォッチの解散後にジーグラーは組織から距離を置き、戦争で被害を受けた人々の支援に再び専念し、戦争で傷ついた地域の人々のケアに多くの時間を費やしている。


オーバーウォッチ崩壊後

オーバーウォッチ・リコールの後、死んだと思われていた2人の仲間が彼女の元にやってきた。
ジャック・モリソンとアナ・アマリだ。
組織の崩壊への復讐に執着するモリソンを見て、ジーグラーはオーバーウォッチ復活への思いをより一層複雑なものにする。
それでも、タロンの部隊がカイロを襲撃した時にマーシーは駆け付け、かつての仲間と共に街の人々を守った。

その後、彼女とソルジャー76、アナ・アマリは別れたが、カイロでの出来事はジーグラーの中に長い間埋もれていたヒーローへの思いを再び呼び覚ますことになった。
パリが標的となったヌルセクターの攻撃で、平和への脅威から世界を守るためにオーバーウォッチが再び必要とされていることが明らかになったのだ。
彼女の戦いはまだ終わっていない。
マーシーはオーバーウォッチに戻り、罪のない人々が危険にさらされる時にはいつでもヴァルキリースーツに身を包んで戦う。

Overwatch 2・攻略・検証
スポンサーリンク
eSportsManagerBar

コメント