OW2:ロードホッグのおすすめスキン・人気スキンランキング:オーバーウォッチ

スポンサーリンク

この記事ではOverwatch2(オーバーウォッチ2)におけるロードホッグのおすすめ・人気スキンをご紹介しています。

筆者の独断によってランキングを作成しています。
統計結果などではないことをあらかじめご承知おきください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

S tier

サイバーホッグ

バージェ

ジャンケンシュタインの怪物

A tier

ブッチャー

劇薬

ミリタリー

ラクロス

B tier

アイス・フィッシャーマン

マコ

アイランダー

Logicool G ロジクール G PRO X SUPERLIGHT ゲーミングマウス ワイヤレス 自社史上最軽量63g未満 LIGHTSPEED 無線 HERO 25Kセンサー POWERPLAY ワイヤレス充電対応 G-PPD-003WL-WH ホワイト 国内正規品
Logicool G(ロジクール G)
¥17,820(2022/10/22 13:29時点)
【ロジクールG史上最軽量のワイヤレスゲーミングマウス】 驚きの63g未満の超軽量 、GPROゲーミングマウス(80g)より更に25%軽量化され、新しいGPROは PRO X SUPERLIGHTの名を冠した。

ロードホッグ オリジン・ストーリー

無情、残酷、無慈悲なマスクの殺し屋。それがロードホッグ。
汚染されたオーストラリアのアウトバック中で、ロードホッグと肩を並べられるのはただ一人。
爆弾マニアの若き犯罪者、ジャンクラットだけだ。
なぜジャンクラットがその地位を占めているか、その理由は誰も知らない。

オーストラリア解放戦線

マコ・ラトリッジは、オムニウム建設のために土地を奪われたオーストラリアのアウトバックの住民の1人だった。
オムニック・クライシスによって大きな痛手を負ったオーストラリアの政府は、オムニックと長期の平和協定を結ぼうと、オムニウム施設と周辺地域をオムニックに譲渡してしまう。
これにより、アウトバックの住民やプレッパー、ソーラー・ファーマーなど、多くの人々が追い出されることになった。
その中に、マコ・ラトリッジの姿もあった。

故郷を追われた怒りから、マコたちは暴動を起こす。彼らはオーストラリア解放戦線を組織し、奪われた土地を取り戻すため、オムニウム施設とオムニックたちを襲った。
争いが激化する中、解放戦線はオムニウム融合炉を爆破。
施設は消し飛び、アウトバック一帯は汚染され、金属片や瓦礫が数キロ四方に飛び散った。

故郷が不毛の地と化したことで、マコもまた変わってしまった。

環境に適応するため、ガスマスクを被ったマコは、壊れかけのバイクにまたがった。
崩れ落ちたアウトバックの道を走るうちに、マコの人間性は少しずつ失われ、その最後の残滓が消えたとき、マコはもはや存在せず、冷酷な殺し屋ロードホッグだけが残っていた。

ジャンカー

ロードホッグはジャンカータウンの片隅の酒場に居座り、町の女王であるジャンカー・クイーンにとっては頭痛の種となっていた。
ロードホッグはお構いなしだ。
酒が飲めるなら、誰がどう思おうと知ったことではない。ところが、ひょんなことからジャンクラットと出会い、伝説のお宝を半々で分けることを条件に、タッグを組むこととなった。
女王と組むよりはマシそうだ。

指名手配犯

ジャンカータウンから追放された2人は、しばらくオーストラリア中をさまよった。
ある時、2人はハイド・グローバルのCEOと対面し、オムニックのテロリストに占拠された倉庫の奪還を依頼される。
ところが、2人は保険金詐欺の片棒を担がされていたのだ。
依頼はインチキだったが、これを機に世界を股にかけた犯罪の連鎖が幕を開ける。

ロードホッグがジャンカータウンに戻ると、そこに居合わせたジャンクラットは、2人を追放したジャンカー・クイーンに復讐する計画を大声で話しはじめる。
目の前で聞いていた門番によって、計画はあっさり阻止された。2人に残されたのは金貨の山と、役に立たない仮装と、まもなく点火する爆弾だけだ。

Overwatch 2・攻略・検証
スポンサーリンク
eSportsManagerBar

コメント