OW2:ルシオのおすすめスキン・人気スキンランキング:オーバーウォッチ

スポンサーリンク

この記事ではOverwatch2(オーバーウォッチ2)におけるルシオのおすすめ・人気スキンをご紹介しています。

筆者の独断によってランキングを作成しています。
統計結果などではないことをあらかじめご承知おきください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

S tier

ヤドクガエル

ヘルメス

サチュロス

A tier

スノーフォックス

ジャジー

サムルノリ

B tier

イコライザー

セレソン

ルシオ オリジン・ストーリー

リオの貧民街で育ったルシオは、やがてアンダーグラウンドの人気DJとなる。
しかし、ヴィシュカー・コーポレーションが都市の再開発に着手し、地元コミュニティの搾取が始まったことをきっかけに、ルシオは決起する。
父の音波テクノロジーをヴィシュカーから取り戻すと、その力によって人々を行動へと導いた。
世界的な有名人となったルシオは、自分の音楽と行動で社会を変えたいと願っている。

前半生

ルシオ・コレイア・ドス・サントスは、貧しい人々が身を寄せ合って暮らす、リオ・デ・ジャネイロの一画で育った。
オムニック・クライシス後の経済変動で大きな打撃を受けたブラジルが、ゆっくりと経済回復への道を歩む中、周囲の人々を元気づけたいと考えたルシオが見つけた答えは音楽だった。
たとえ一時だけでも、音楽は人を結びつけ、苦しみを忘れさせる力がある。
彼は街角や野外パーティなどで演奏するようになり、やがて伝説のアンダーグラウンド・ショウにも出演した。

活動家

しかし、多国籍企業ヴィシュカー・コーポレーションが都市の再開発契約を勝ち取ったことで、ルシオたちは混乱のただ中に放り込まれてしまう。
再開発によって生活の向上を保証されたが、この約束は果たされず、ヴィシュカーは秩序ある社会構築という建て前のもと、住民に不当な要求をするようになった。
外出禁止や企業が不法とみなす行為は一方的に制限され、住民たちは安価な労働力として搾取された。

そんな状況にルシオは黙っていることができなかった。
彼は、父親が開発に携わったヴィシュカーの音波テクノロジーを手に入れ、群集制圧に利用されていたそれを使って人々を行動へと導いた。
これによってヴィシュカーは撤退を余儀なくされ、ルシオは革命のシンボルとして一夜のうちに祭り上げられる。
彼の音楽も瞬く間に人気を博し、一介のストリート・ミュージシャンにすぎなかった彼は、今や世界中のアリーナを超満員にするほどになった。

レコーディング・アーティスト

そんな彼の新しいファンの中に、若き天才発明家のエフィ・オラデレがいた。
ドゥームフィストによるヌンバーニ襲撃の直後、ルシオはエフィがヌンバーニを守るために作っていたロボット、オリーサのために特別なリアクターを調達するのを手伝った。
また、ドゥームフィストの攻撃の犠牲者のために、ユニティー・プラザでチャリティーコンサートを行うことも快諾。
コンサートの最中にタロンが襲撃を仕掛けてきたが、ルシオ、エフィ、オリーサの連携により撃退された。

経験を積み重ねる中で、自分の発信力の強さに気づいたルシオは、自分の音楽の力を使って世界をより良いものに変えるため、活動を続けている。

Overwatch 2・攻略・検証
スポンサーリンク
eSportsManagerBar

コメント