OW2:トールビョーンのおすすめスキン・人気スキンランキング:オーバーウォッチ

スポンサーリンク

この記事ではOverwatch2(オーバーウォッチ2)におけるトールビョーンのおすすめ・人気スキンをご紹介しています。

筆者の独断によってランキングを作成しています。
統計結果などではないことをあらかじめご承知おきください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

S tier

グリルマスター76

サンタクラッド

張日

A tier

サイビョーン

アイアンクラッド

木こり

B tier

マグニ

デッドロック

Logicool G ロジクール G PRO X SUPERLIGHT ゲーミングマウス ワイヤレス 自社史上最軽量63g未満 LIGHTSPEED 無線 HERO 25Kセンサー POWERPLAY ワイヤレス充電対応 G-PPD-003WL-WH ホワイト 国内正規品
Logicool G(ロジクール G)
¥17,820(2022/10/22 13:29時点)
【ロジクールG史上最軽量のワイヤレスゲーミングマウス】 驚きの63g未満の超軽量 、GPROゲーミングマウス(80g)より更に25%軽量化され、新しいGPROは PRO X SUPERLIGHTの名を冠した。

トールビョーン オリジン・ストーリー

世界に名だたるエンジニアのトールビョーン・リンドホルムの発明品は、オムニック・クライシス終結の要となった。
彼の技術力によって、オーバーウォッチの兵器技術は長年にわたり最先端であり続けた。
近年になって、奇妙な振る舞いをするバスティオン・ユニットを引き取ったことを機に、ロボットやオムニックに対して反感を抱いていた自分を反省するようになった。
今では自らの発明品が悪の手に渡ることを防ぐために活動している。

オーバーウォッチ

オムニック・クライシス勃発以前、トールビョーンは世界各国で使用されている兵器の設計者として知られていた。
しかし、テクノロジーはより良い人類の未来のために使われるべきとの信念を持つ彼は、人工知能のネットワークを駆使し、兵器を制御しようとする雇い主たちと次第に反目するようになっていった。

トールビョーンは知覚を持つ人工知能に対し深い疑念を抱いていたが、同業者たちは彼を誇大妄想家だと笑い飛ばした。
しかし、彼の懸念は、世界中のロボットたちがオムニック・クライシスで人類に反旗を翻したことで現実となる。
トールビョーンは天才的な工学の才能をかわれ、初代オーバーウォッチ攻撃部隊に参加、彼の多くの発明が紛争終結の立役者となった。
数年のうちにオーバーウォッチは国際治安維持部隊となったが、トールビョーンは部隊のテクノロジーと兵器システムの要でありつづけた。
ラインハルト・ウィルヘルムの改良型クルセイダー・アーマーも、アナ・アマリのバイオティック・ライフルも、キングス・ロウでヌルセクターの攻勢を食い止めたシステムも、すべてトールビョーンの手になるものだ。

オーバーウォッチ崩壊後

オーバーウォッチ崩壊の余波の中、トールビョーンの開発した兵器は、オーバーウォッチ在籍中もそれ以前のものも含め、世界中に散逸してしまう。
自ら設計した兵器が悪用されるのを止めるため、トールビョーンは世界中を飛び回った。
ある時は、ボクロボの街に迫る改良されたタイタンを食い止めるべく、かつての仕事仲間と対峙した。

しかし、彼の兵器も悪用されるばかりではなかった。
ヨーロッパでは、彼の娘のブリギッテが、正義を届ける放浪の旅を続けるラインハルトに同行する鎧職人として、父の意志を引き継いでいる。
一方、故郷のスウェーデンでトールビョーンは攻撃性を失った奇妙なバスティオン・ユニットと出会う。
バスティオンと向き合ううちに、トールビョーンの頑固な考えは次第に変化しはじめる。かつての戦闘マシンは、野生動物と友情をはぐくみ、不可解にも本来の戦闘プロトコルから抜け出していたのだ。
バスティオンを引き取ってお互いをより深く知るうちに、トールビョーンは今まで自分がロボット、AI、オムニックたちに抱いていた無関心を反省するようになる。

責任を感じたトールビョーンは、自分の発明が悪の手に落ち、罪なき人々に害がなされるのを防ごうと、立ち上がる。

Overwatch 2・攻略・検証
スポンサーリンク
eSportsManagerBar

コメント